【シルバー925とは】シルバー925はなぜ黒くなるの??黒くならないようにするには。

シルバーアクセサリーをしばらくつけずに置いておいたら
黒くなってしまった!

温泉につけて入ったら真っ黒になってしまった。。

そんな経験をされた方、けっこういるのではないでしょうか。
実はこれ、酸化しておこった「サビ(錆)」ではないんです。

シルバーが硫黄成分や塩素に反応して黒く変色する「 硫化(りゅうか) 」という化学反応なんです。

[硫化ってサビと何が違うの?]

時々「シルバーって錆びてしまいますか?」
というご質問をいただくことがあります。

ご安心ください、答えは『 No 』です。

硫化とサビは違います。

「錆び」は、鉄などが水に濡れたりして時間が経って、
金属自体が赤茶色になってボロボロになってしまう現象です。

「錆び」は金属を浸食して劣化させてしまい、1度錆びると修復はほぼ不可能です。
ですが、「硫化」は金属表面に「硫化膜」ができているだけで、金属内部に浸食しません。
ですから、表面を磨くだけで元の輝きが戻ります。
何十年も昔の古い10円玉でも磨くとピカピカに戻りますよね?
硫化はそんなイメージです。

実は銀を錆びさせてボロボロにすること自体、
普通の生活ではほぼ不可能だそうです。
長く保管しておいても、ちゃんとしたシルバー製品であれば
金属内部が劣化してボロボロになってしまうことはないので安心してくださいね。

シルバーアクセサリーが半永久的に使える一生ものになるというのは、
こういうことからなんですね。

 

[硫黄について]

このシルバーを黒くしてしまう硫黄って、
代表的なのは温泉だと思うのですが、実は、
空気中や、人の皮脂に含まれるタンパク質の成分中にも
わずかに硫黄が含まれているんです。

また化粧品に含まれる界面活性剤にも硫黄分が含まれています。
意外なのが、ゴム・合成ゴムやパーマ液、洗剤。
これらにも実は硫黄分が含まれているので、シルバー製品と一緒に保管するのは避けましょう。

 

[塩素について]

また塩素も銀製品を黒くさせます
具体的には汗・海水塩分・カルキ・塩素系漂白剤やカビ取り剤などになります。

「でも塩素って水にも含まれるでしょ!?
何か着いてしまった時洗い流せないってこと?」

と思われた方、ご安心ください。

水道水で濡れたまま長時間放置することを繰り返さなければ、神経質になる必要はありません。
洗ったあと、柔らかい布で水分をきちんと取り除いてあげれば大丈夫です。

大事なのは、塩素分や硫黄分に触れた時に、
そのまま放置せずきちんと拭いてきれいにしてあげることです

 

シルバーの普段のお手入れ方法

見た目には何も汚れているように見えなくても、水分や汗・脂・化粧品が付着している場合があります。
使用後は、セーム革やメガネ拭きなどの柔らかい布でやさしく乾拭きをしましょう。

注意する点は、
研磨剤入りのシルバー用クロスと、
そうではないメガネ拭きのような柔らかい布が
違うことを理解して使い分けることです。

普段のお手入れは、
研磨剤などが入っていない
柔らかい布で拭き取るだけで十分です。

そして密閉できる容器や、チャックつきの小さなビニール袋などに入れ、
出来るだけ空気を抜いて保存しておきましょう。
2重にしてあげるとより空気から遮断できます。

頑固なシルバーの黒ずみの落とし方

普段からマメなお手入れをしていても、
やはり時間が経てばスペシャルなお手入れが必要になります。

そんな時は、下記の方法を試してみましょう。

※お手入れ前の注意
①ゴールドコーティングされているアクセサリーは
コーティングが剥がれて色落ちしてしまうので
下記方法でのお手入れは避けましょう。

②パールや天然石付きのアクセサリーは、
 石部分を避けて磨くようにしましょう。
 ポリッシュ液につけたり水に濡らすことはやめましょう。

 

①シルバー専用磨きクロス


通販サイトやホームセンターで数百円で手に入ります。
研磨剤が含まれており、磨くと黒ずみが取り除け、艶も出ます。
表面のごく薄い擦り傷なら、磨くことで目立たなくなる場合もあります。
使用上の注意は、
・アクセサリーが変形しないように力の入れ方に気を付けること
・表面に艶消し加工がしてあるアクセサリーの場合は、
クロスで研磨することでマット加工が薄くなってしまうこともある
ことです。

使用後はアクセサリーに研磨剤が表面についているので、別の柔らかい布で拭いてあげるか
気になる方は水でゆすいであげてください。

 

②シルバークリーナー液

1000円〜2000円前後で多く販売されています。
液に数秒程度漬けて、ジャバジャバと揺すってあげるだけで
真っ黒だったアクセサリーも見違えるほど綺麗になります。
クロスでは届かないチェーンや凹凸があるデザインのものも
きれいになるのがクリーナー液の良いところ。
引き揚げたあとは水で十分にゆすいで、しっかり水分を拭いてください。


使用上の注意は、
表面が白っぽく変色してしまう場合があるので、
・洗浄液に10秒以上つけないこと。
・頻繁にやりすぎないこと。
もし表面が白っぽく変色した場合は、シルバークロスで磨いてあげれば大丈夫です。

 

いかがですか??

お手入れちょっとめんどくさいなぁ、、

なんて思われるかもしれませんが、
新品みたいにピカピカになるとやっぱり嬉しいものです。

ゴールドやプラチナに比べると、
ちょっと手はかかるかもしれませんが、
その分愛着を持って身につけていただける
シルバーアクセサリー。

使い込んで滲み出るこなれ感も、
お手入れで取り戻す新品のような輝きも
是非どちらも楽しんでみてくださいね。